忍者ブログ
アトラス系(葛葉ライドウ中心)の絵とかゲーム感想など。
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[06/23 Asupasuf]
[06/16 Agenezue]
[05/27 Anoyogue]
[05/24 Asahawox]
[05/18 Apiraob]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ラルア
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ついに最終回です。
空中ブランコのスタッフの皆様、2ヶ月間(準備を含めるともっとですが)、本当にお疲れ様でした。

ではでは、ネタバレありの感想はつづきからどうぞー。


空中ブランコ 第11話「カナリア」

いやぁ…。すごかったです。
一話見たときは本当にもうどうしようかと思ってて、のだめを恨んで怨んでしょうがなかったですが、
11話は本当にもう圧巻でした。

冒頭はなんとなく貝澤コンテっぽい感じで、なんか不吉でどこかおどろおどろしい。
思うに、この不快感は演出なのかと思うと、貝澤さんやべえwwって感じです。す、すごい…
ザッピングに混じって日常が狂いゆく。

んで雄太くんはどんどん追い詰められていって、逃げ場を無くしていく。
それはカナリアの警鐘ってことだったんですね。
思えば一話からカナリアが。前篇を通しての伏線でしたか…。

マユミちゃんがまともにしゃべってて最終回感が寂しいような…。
それにしてもきれいだなぁ…

相変わらず細かい描写がやばいですね(汗)
アスクレピオスの杖がジャケットにあったりとか、中村監督…とかw
ついに監督出演ww
あれかw青水泳帽の仲間入りですね、わかりますww

古屋さんの顔芸もやばいですねw遠慮がないw
トイレの顔芸とかやりたい放題ですがすがしかったですw

本当の意味で度肝を抜かれたのがトイレのシーン。
前回のEDでなぜかトイレで「?」でしたが、まさかこんな使い方とは…
黒いシミ=溜まっていく思いという表現はさすが…と思いました。
幼児退行は、一回目のトイレのシーンからあったのに、表現で「ん?」とは思ったのですが、なかなか気づけませんでしたwはっきりやられてからあれ?子供?と思えましたが。
トイレは本当に怒涛の作画ラッシュで、中・小伊良部がトイレに訪れるシーンも、手の表現、重ね声も本当に集大成ってようですさまじかった…
特にやばかったのが、ドロドロ溜まっていた思いを、中伊良部が掴み出すシーン…あれは鳥肌が立ちました。

そして伊良部先生のメッセージ。
かなりはっきり文として伝えるのがまたにくい演出で…
ぐさぐさ突き刺さるー

雄太君が伊良部クリスマスパーティに合流後の流れは「家族の再生」の感が本当にすばらしかったです。
先生w自重w金モールターザンまでw豪華すぎるw

今までさんざんディスってきた福井っちですが、
最後の最後に出てきやがって、
「ご視聴ありがとうございました」って言われた瞬間に涙がだーだー流れました。びっくり。
やめろ!テロがみれないだろ!!

テロは本当にもう…ごっついクリスマスプレゼントでした…
これエヴァQか劇fateのテロですって言われても信じると言っている人がありましたが、私もそう思いますw
橋本さんが基本で、師匠、林さん、松田さん、草間さんにああっ、あげきれない!
ありえないくらい豪華でした!!

はぁあ…
ほんっとにスタッフの皆様、二ヶ月間(もっとですが)お疲れ様でした!
そしてありがとうございました!!
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 薬袋 Blog All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]